子供の驚くべき力が発現するゴールデンエイジと積み木遊びの関係

子供が様々なことを吸収して急成長する時期を「ゴールデンエイジ」と呼びます。この時期にどんな経験をさせてあげるかにより、最も成長が見込める10歳前後の伸び率が変わってきます。ゴールデンエイジを充実させるポイントや、プレゴールデンエイジにおすすめの積み木遊びについてご紹介します。

積み木遊びなら知育玩具マジ.ロコ本舗の『マジ.ロコ』がおすすめです。積み木遊びの他にパズル等の遊び方も可能です。

子供の能力を伸ばす時期!ゴールデンエイジとは?

子供の能力を伸ばす時期!ゴールデンエイジとは?

ゴールデンエイジとは

一生に1度、学んだことを即座に形にできる特別な時期があります。これは「ゴールデンエイジ」と呼ばれ、一般的には3歳~13歳頃、大きな変化が出るのは9~12歳頃といわれています。特にスポーツで顕著に現れ、今まで伸び悩んでいた子供が急成長を遂げることもあります。

ゴールデンエイジを充実させるためのプレゴールデンエイジ

急成長のためには、プレゴールデンエイジと呼ばれる2~8歳頃にたくさんの動きを経験し、神経伝達回路をある程度発達させておく必要があります。様々なスポーツを経験させたり、たくさん体を動かすことで神経系が発達していき、神経伝達の8割は5歳までに完了するといわれています。

ですからそれ以前に体全体の様々な部位をたくさん動かし、体、神経、脳の繋がりをスムーズにしておきたいですね。

積み木は何歳から遊べる?プレゴールデンエイジにおすすめ!

積み木は何歳から遊べる?プレゴールデンエイジにおすすめ!

子供と一緒に積み木遊びをしていると、気づけば大人の方が熱中してしまった、という家族の話をよく聞きます。積み木遊びを楽しめる年齢に制限はないといえるでしょう。

しかし、知育玩具としての積み木遊びに適した年齢は1歳前から6歳頃といわれています。プレゴールデンエイジである2~8歳の間に積み木遊びを通して考える力、指先の器用さを身につければ、9歳以降のゴールデンエイジを良い状態で迎えることができるでしょう。

物が握れるようになる0歳児は積み木遊びの始めどき。おすわりができるようになれば、大人が作った作品を壊すのも楽しい遊びです。そして並べる、重ねる、何かに例える、形を作るというように段階を踏み、6歳頃には積み木遊びで培ったたくさんの力を蓄え、小学校に入学することができます。

プレゴールデンエイジには安心安全な木製素材の積み木がおすすめです。ぬくもりを感じる木製素材の積み木なら小さな子供も大切に使い続けていくでしょう。

神経系の成長のために…という意識をせずとも、積み木遊びをすることにより子供は自分から学び、考え、指先を動かして神経系を発達させていきます。有意義なゴールデンエイジを過ごすために、幼児期の積み木遊びがおすすめです。

マジ.ロコは学童期の高学年になっても、積み木遊びがしたくなる要素を備えています。大人は大人なりの達成感、癒し、一人遊びの醍醐味、魔法陣クイズなどにも取り組めるのです。

マジ.ロコ本舗では知育玩具として人気の積み木『マジ.ロコ』を取り扱っております。マジ.ロコのご購入は、HP専用の申し込みフォームより、メールにてお申し込みください。FAXでの申し込みも可能です。製品名、連絡先電話番号、送付先ご住所とお名前、送る方(お支払いする方)のお名前を明記してください。

知育玩具なら木製積み木『マジ.ロコ』を

店舗名 マジ.ロコ本舗
住所 〒216-0033 神奈川県川崎市宮前区宮崎5丁目5-26
電話番号 044-854-6706
代表 加藤 純子
メールアドレス info@majiroko.com
営業時間 9:00~17:00
定休日 毎週土曜日・日曜日、祝日
URL http://www.majiroko.com/