知育玩具とおもちゃは何が違う?知育玩具で遊ぶメリットとは

一般的なおもちゃ売り場には知育玩具だけを集めたコーナーが設けられていますが、知育玩具と通常のおもちゃにはどんな違いがあるのでしょうか。また知育玩具は昔からあまり形を変えず、長く愛されていることから、何らかの利点があると考えられます。知育玩具を使って遊ぶことでどんなメリットが得られるのでしょうか。知育玩具の代表として人気の積み木。マジ.ロコ本舗では新感覚知育積み木『マジ.ロコ』を取り扱っております。『マジ.ロコ』はパズルとしても楽しんでいただけます。

知育玩具とおもちゃに明確な違いはない?

知育玩具とおもちゃに明確な違いはない?

知育玩具は「おもちゃ」の中の一つとして分類できます。しかし知育玩具とそれ以外を分ける条件や規制などはありません。また、どんなおもちゃを使っても子供は様々なことを学び、知的発達への刺激となります。

知力向上を目的としている

明確な基準はありませんが、知力を伸ばすことや感覚を磨くことを主な目的として作られているのが、知育玩具といえるでしょう。

発達に応じた適正年齢の表示

知育玩具の多くは適正年齢の表示があります。その年齢の子供が飽きずに楽しく遊べるように考えられており、年齢ごとの発達に合わせて効率よく知力が向上できるように作られているという特徴があります。

マジ.ロコは、お子様の成長に合わせて、同じもので、遊び方を変えられます。自然に任せ、好きなようにゆっくり遊ぶことが大切です。最初は箱に仕舞うときだけ、手助けしてあげましょう。

赤ちゃんに数を教える必要がないのはもちろんですが、積むだけでも、いつの間にか自然に規則性と言うものに気づいていくことでしょう。

知育玩具で遊ぶメリットは大人になっても継続する

知育玩具で遊ぶメリットは大人になっても継続する

考える力が自然に身につく

知育玩具はその名の通り「おもちゃ」であり、手に取った子供は楽しく遊び始めます。そして大人が機会を与えなくても自ら何かを考え、学びとっていきます。ただし「勉強」としてではなく、あくまで遊びの中で自然に学んでいくため、子供の負担になりません。これを積み重ねることで、自主的に勉強に取り組む力や問題に直面したときに自分で解決しようとする力が養われていきます。

知能が高くなる

知育玩具で知力が育まれていくと、自ずと知能指数が上昇しますので、学歴や就職面に良い影響を与える可能性が高まります。また、知能指数は人間性の高さにも関係することが分かっています。想像力や連想力、発想力が高くなれば、場の空気や他者への理解、先を読む力も向上し、精神的に落ち着きが生まれ、自らを律する力や人の心を思いやる力を持つ大人へと成長していきます。

自主的に考える力や学ぶ力が身につく知育玩具ですが、全ての子供が初めから自分ひとりで遊べるわけではありません。そばにいる大人が適切なヒントを与え、温かく見守ることが知育玩具のメリットを最大にするポイントとなります。マジ.ロコ本舗の『マジ.ロコ』は木製の積み木です。通常の積み木遊びの他にパズルとしても楽しめます。子供の知育玩具をお探しならおすすめです。

知育玩具におすすめの積み木ならマジ.ロコ本舗の『マジ.ロコ』

店舗名 マジ.ロコ本舗
住所 〒216-0033 神奈川県川崎市宮前区宮崎5丁目5-26
電話番号 044-854-6706
代表 加藤 純子
メールアドレス info@majiroko.com
営業時間 9:00~17:00
定休日 毎週土曜日・日曜日、祝日
URL http://www.majiroko.com/